麗しき年

腐女子
腐女子(ふじょし)とは、やおいボーイズラブ(BL)と呼ばれる男性同士の恋愛を扱った小説や漫画などを好む女性のことである。
                          Wikipediaより

初めてこの言葉を聞いたのはもう20年位前だろうか。
友人はすまし顔で「成人してるし、女子っていうのもアレだから、私は『貴腐人』ね」とうそぶいていた。
腐女子、という言葉は今や市民権を得たが、「貴腐人」はどうなのだ、と調べてみたところ、一般的ではないものの根強く生き続けているらしい。
f:id:mame90:20200417212605j:plain
ワタクシは腐女子とも貴腐人とも名乗りがたい、ただのミーハーではあるが、それでも我が家の男子猫2匹がいちゃいちゃするのを見るたびに「嗚呼、私に絵心があれば!そうしたら、擬人化して薄い本を出して荒稼ぎするのになあ」といつも思う。

さて、そんなことはともかくコリン・ファースの話だ。

自分の過去を漁ってみたが、そうか、コリンにハマったのは6年前か。
あれ以降、12月になれば、まるで忠臣蔵のごとく「ラブ・アクチュアリー」と「ブリジット・ジョーンズの日記」を見ている。2020年も見た。相変わらず素敵だった。ラブ・アクチュアリーももちろんいいけど、ブリジット・ジョーンズの高慢でお堅いトナカイセーターのコリンがいいのよねえ!
あれって、BBCでやってた「高慢と偏見」のダーシー卿がモデルなんですってね。ああ、コリンの「高慢と偏見」見たいわー♡
と思っていたら、なんと1月からAmazon Prime videoで「高慢と偏見」配信されてるじゃないですか。
f:id:mame90:20210111204003j:plain
箱根駅伝終わってすぐさまイッキ見した。そして興奮冷めやらぬまま友人鮭太郎に「コリンがいかに美しく素晴らしいか」という感想文を送り付ける。
鮭太郎は映画「モーリス」でルパート・グレイブスに惚れ込み、高校時代にイギリス留学まで決めたツワモノだ。そんなわけで、コリン・ファースヒュー・グラント→モーリスと話題が流れていく。
f:id:mame90:20210111213050j:plain
懐かしいな。モーリス。
小6の時、私に腐女子の世界を初めて教えてくれた友人モモコの家で夜中に見た。大人の世界をのぞき見したような気持ちでキャーキャーしていた。
そんなモーリスが!!!
年末年始に再度無料CPを提供してくれたU-NEXTでやってるので見る。
「モーリス見てるよ」と告げると、ルパートファンの鮭太郎は「げ!!」と一言LINEしてきた。
「完全に萩尾望都の世界だよね」と返信すると「NHK萩尾望都の特集やってたよ」とのこと。しまった、忘れていた。
悔しさとモーリスの影響で「トーマの心臓」も読み返す。

トーマの心臓 (小学館文庫)

トーマの心臓 (小学館文庫)

類似作品おすすめでコリン・ファースの「アナザーカントリー」も見る。これがもう最高。ヤングコリンが身もだえるほど美しい。
なんで作中のゲイたちはコリンに手を出さないんだ。私だったら猪突猛進だ。
f:id:mame90:20210111205308g:plain
そして、最終的に「シングルマン」を見る。
これ見たら「ヴェニスに死す」だって見たくなる。
シングルマン (字幕版)

シングルマン (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
恐ろしや、動画配信サービス。なんという守備範囲の広さよ。

そんなこんなで華々しく麗しくゲイムービーばかり見た正月でした。
NHK萩尾望都は16日に再放送があるらしいので予約した。
私がコリンに身悶え、ホウ、とため息をつく間も猫たちはイチャイチャしていたが、アレね、あなたたちじゃやっぱりちょっと色気が足りないわね。
f:id:mame90:20201104211124j:plain
まあ、去勢してるからしょうがないか。

ステイホームしてると人間、腐女子貴腐人・オタク趣味をこじらせる傾向があるので皆様どうぞお気をつけあそばして。

中華三昧



昔、中華三昧っていうラーメンのCMあったよな、もうあれもないんだろうな、と思っていたら、まだスーパーの片隅にひっそりとあって驚いた。
一度も食べたことないけど。

さて、中国語の勉強を初めて早一年。中国語にまつわるあれこれを見たり調べたりするうちに、中国ドラマもいろいろ見たし、中国茶にもハマったし、麻雀も習い始めた。
そして何より一番影響を受けているのが食生活だ。
f:id:mame90:20201222192452j:plain
今年から我が家の冷凍庫に常備されることになった、干豆腐。
干、というからには乾物だろうと、中華街の食材屋さんでウロウロしていたら、おじさんに「みんな騙されて乾物だと思うんだよね。でも冷凍なんだよ。何回も再冷凍、再解凍できるから。使うときは豆腐臭さを抜くためにまず茹でてね」と教えていただく。
千切りの冷凍も売ってるんだけど、私はこの反物みたいなタイプが好き。茹でて刻んで、冷菜に入れるのもおいしい。一番好きなのはセロリと牛肉と一緒にオイスターソースで炒めるやつ。味がじゅわっと染みてとても美味しいのだ。しかもローカロリー。最高かよ。

あと、これも常備するようになった調味料「羊名人」
真っ赤な見た目だけど、全然辛くない。クミンがものすごく効いていてエスニックな味と匂い。別に羊肉じゃなくても牛肉でもチキンでもフライドポテトにふっても美味しい。
f:id:mame90:20201222193827p:plain
もう一つ調味料だと、業務スーパーで売ってるこの姜葱醤(ジャンツォンジャン)。ネギと生姜の細かく刻んだのがまざっていて、冷奴にのせても美味しい。私はお粥に入れるのがお気に入りだ。
f:id:mame90:20201222194153j:plain
中華料理にハマったら、やっぱり朝のお粥に憧れるではないですか。そんな訳で最近お粥を炊く機会が増えている。圧力鍋があればすぐだしね。
おかげでピータンも箱買いした。いろいろトッピングできるのが楽しいし、古漬けにしたぬか漬けも大活躍だ。
f:id:mame90:20200722113007j:plain:w300
あと業務スーパーと言えば、この葱油餅(ツォンヨゥピン)も素晴らしい。中華デニッシュという感じ。何かを巻いてもいい。ただ手がものっすごくベタベタになるので注意。


更に、会社の近くにこんなお店がOPENしたので、先日早速行ってきた。憧れだったのだ、鹹豆漿(シェントウジャン)。
この前中国語の先生にも「中国では朝ごはんに豆乳を飲みますね」と言われたばかりだ。温かい豆乳を黒酢の上に注ぎ、おぼろ豆腐のようになっているという。

ネットで作り方も調べたのだけれど、まずはお店でプロの味を…と出かけた。
ふわふわの優しい味。あーこれは朝に最高だね。優しい中にラー油とか漬物?的なものが入ってアクセントになっている。
水道橋付近は周りに中華料理屋さんも本当にたくさんあったので、またいろいろ探検しようと思う。

やっぱりアジアのご飯て最高に美味しいよな。ご飯のおいしい国っていいよな。
さあ、お腹いっぱいになったところでまた勉強頑張ろうっと。

いいひと

大相撲11月場所は大関貴景勝の優勝。おめでとう。


去年の春頃、NHKの「スポーツ×ヒューマン」というドキュメンタリーで大関昇進が決まったばかりの貴景勝の特集を見て驚いたことがある。
タクシーに乗り込む貴景勝に友人からLINEがどんどん来るのだけど、友人たちは皆大学生で、普通にわいわい遊んでいる様子だった。
大きな体でやたらめったら貫禄があって、むっつりしていて感情をあまり表に出さない、口下手な昭和のベテランみたいな風格の貴景勝、この子、まだ22歳の若者なんだな、と改めて思ったのだ。
f:id:mame90:20201123094456j:plain
普通の子だったら、就職活動やら恋やらで泣いたり笑ったりしている中、この人は「ナメられたら終わり」な世界で大関の貫禄出して生きてるんだな、としみじみ感動した。
しかも部屋の問題や、ご両親についてメディアに好き放題言われる中で。
ハンカチ王子の時にも思ったけれど、若いうちからあれだけメディアにおもちゃにされて好き勝手なことを言われ、付け回され、写真を取られ、その上結果を求められ、そんな中で精神を病まずに生きているなんて、それだけでも敬服する。

f:id:mame90:20200816124820j:plain:w400
我が家の大関

先日、麻雀教室でスポーツ選手の不祥事の話をあれこれ振られ、「私はアスリートに人間性は求めていません」と言ったら笑われた。
でも、アスリートってある特定の競技に能力が特化しているからバランスの悪い部分があるのは当然だと私は思うのです。
その人に「ファンサービス」とか「人間性」とか「常識」まで求める必要あるのかな。
もちろん応援している選手がファンサービスもメディア対応も神で人間性最高だったら素晴らしいとは思うけど、必須条件ではないのでは?と。
f:id:mame90:20160813090907j:plain
さて、これは4年前、仙台場所の琴恵光。
この時はまだ名前も知らなくて声もかけられず、「キャー♡あのイケメン力士誰、素敵!!」とトキめいて密かにファンになった。
そこからずっと応援していて、先場所くらいから力強さが目立つようになり、今場所も序盤は本当に素晴らしかったのだけど、中盤から連敗続きで負け越してしまった。

応援しているから余計なんだけども、どうしてもここ一番であっさり負けてしまうように見える。十両で優勝争いに絡んだときだって、あっさり身を引いてしまったし、「お、ここから勢いつけてどんどん番付あがってくるかな」と思っても、上がったり落ちたりだし、真面目で人が良いんだけど、どうも強くなりきれない感じというか。
その話を以前に、相撲友達で栃煌山大好きなつるちゃんにしたら、激しく同意された。
「そうなんだよ、栃煌山もさ、いい人で真面目すぎるんだよね。立合いも絶対変化しないし。けどそれでイマイチ上にあがれない」

f:id:mame90:20170517132722j:plain
引退後はニコニコ笑顔の多い栃煌山

プロ野球の解説でもしょっちゅうピッチャーが「彼は優しすぎるところがありますからね」なんて言われてたりする。
勝負の世界だと「優しい人」「いい人」だけじゃダメなんだよな。特にピッチャーはそれではダメな気がしていたが、お相撲さんももちろんそうだよな。
…というかアスリートはそうだし、アスリートにかぎらず「競争社会で生きていく」ってそういうことだよな、と思う。
「真面目に生きてきたから」「実直な人間だから」成功するわけではない。真面目に生きてきた人間がバカを見る、というのも正直当たり前のことだと思う。
動物の世界だってそうだろう。

f:id:mame90:20170602192425j:plain
相当畜生な鳥。

今年の大相撲、毎場所優勝力士が違い、幕尻からの優勝があり、怪我からの復活優勝があり、大関昇進をかけた優勝があった。
そんなドラマの中で、貴景勝は「壁」として存在していたし、悪役のように扱われたりもした。コロナ禍のリモート取材に応じないからとメディアに叩かれていたこともあった。
でも、悪役になれるって「強さ」だよなと思う。
正直今場所の優勝決定戦、照ノ富士を応援していたけど、勝ったあとの貴景勝の表情と優勝インタビューにグっときた。立派だった。
f:id:mame90:20200113165301j:plain
だからねー、あのー、琴恵光。
いい人なところ、真面目なところも好きだけど、いいひとじゃなくてもいいよ。無愛想でもファンサービスしなくても、コメントがぶっきらぼうでも全然いいよ。ぶっちゃけ隠し子がいようが、二股恋愛してようが構わないんだぜ。
どんどん勝って、三役に上がるの楽しみにしてるからな!

スキだらけ

f:id:mame90:20201103121548j:plain
隙間ゼロ

昔、よく行っていた飲み屋で、常連の男たちにしたり顔で言われたもんだ。
「まめはさ、隙がないんだよな。もっと肩の力抜けよ。やっぱ隙がないと男は寄ってこない」
今思い出しても並べて正座させたいくらいにはイラっとするけど、今の私はスキだらけよ♡
スキはスキでも、LIKEとかLOVEのスキの方。
f:id:mame90:20201103122006j:plain
去年の12月から中国語の勉強を始め、8月にはHSK3級を受けた。12月には4級を受けるつもりで勉強を続けているが、そんな中、ふとした拍子で麻雀を覚えたいと思い、8月末から麻雀教室に通っている。

お金を賭けない健康麻雀。なかなか難しくてまだルールすら覚えきれておらず、毎回先生にマンツーマンであれこれ教わってから卓に入れてもらう。
卓に入る際、先生が周りの方々に「この方はまだ初心者で点数計算等はできません。とても多趣味な人で、コアラが好きで、野球が好きで、相撲も好きで、猫を飼っていて、中国語を勉強していて…」と紹介してくださる。

f:id:mame90:20180610135701j:plain
コアラはユーカリが大好き。

…そう…私…そんなに多趣味かしら。。。
多趣味故に飽きっぽいと思われたか、先生に「相撲を好きになってどれくらいですか」「野球はいつごろから見てるんですか」と問われ、答えると「ああ、好きになると長いんですね」とちょっと安心される。
うん、まあ、そう。すぐに飽きるとかではない。。。細く長くあれやこれやに興味がある。

猫を飼い始めてから旅行に行けなくなったし、コロナもあって野球や相撲もなかなか見に行けない。
でも毎年秋にはきのこ中毒のニュースを集めるし、大学ラグビーのスケジュールだってチェックする。そうして「やっぱり面白いなあ」とか「やっぱり好きだなあ」とか思うのだ。
先日は、本当に久々に山友達のおじいさんとハイキングに行った。山に行くのだって1年以上ぶりだ。そんなわけでリハビリも兼ねて丹沢の端の巡礼峠。
f:id:mame90:20201031134510j:plain
久々に歩く山道の感じや、上から見渡す景色に「ああ、やっぱり山っていいなあ」としみじみ嬉しくなる。そんな有名な山やすごい山に行くほどじゃないけど、山歩きが好きだ。また暇を見つけて山に行こう。

sumodo-movie.jp
11/1は映画が安い日だったので、「相撲道」というドキュメンタリー映画を見てきた。もう引退してしまった豪栄道が本当にカッコよかった。満員で大歓声の国技館が懐かしかった。
これもまた「やっぱり相撲っていいな」と思ったし、11月場所が楽しみになった。
帰宅後はちゃんこ作った。

YASHA (1) (小学館文庫)

YASHA (1) (小学館文庫)

更に、先日、突如読み返したくなって(主にシン・スウ・リンの登場シーンを)吉田秋生の「YASHA」と「イブの眠り」を中古で大人買いして読み返した。これもやっぱり面白い。やっぱり吉田秋生好き。マンガ好き。

そんなこんなで好きがいっぱい。好きだらけ。
猫を可愛がり、相撲を見、CSでラグビーを見、麻雀習い、中国語も勉強して、山も行きたいし、来年は国技館も野球も行きたい。
やりたいこといっぱいで隙がないのは確かだわ。

どんなときも


槇原敬之 - どんなときも。

♪昔は良かったねといつも口にしながら生きていくのは本当にいやだから~
…ってほどイヤではなく、「昔はよかった」と思うこともある。「今もわりといいよね」とだって思う。負け惜しみと言われるかもしれないけど。

9月の終わり、Twitterラグビーアカウントが「あの熱狂から1年」と騒ぎ始め、「ああ、ワールドカップから1年か」としみじみした。
そしてかえる姉さんと「去年の今日、みなとみらいに行ったよね。本当に楽しかったね」とLINEした。
f:id:mame90:20190920220819j:plain
私は正直、このコロナ禍での引きこもり生活が好きなので、それほど「以前の生活に戻りたい」とは思っていないのだけれど、スポーツに関してだけは「あの熱狂をもう味わえないのだろうか」と少し寂しく思う。


去年の今頃、新横浜がハチマキ姿の外国人たちに占拠されていたこと、みんなで大声でカントリーロードを歌った事、まるで全部夢のよう。
Jsportsでもここぞとばかりに去年の試合を放送し始めるので、見てはまた涙ぐむ。
あの日、スタジアムに行けて本当に幸せだったな。
大会期間中、ファンゾーンも会場までの道のりもずっと楽しかった。
帰宅後に録画したの見ながらかえる姉さんと夜中までまた実況LINEしたり。
「四年に一度じゃない、一生に一度だ」というキャッチコピーを、今年になっても噛みしめている。


さて、今年は相撲も本場所を見に行けたのは1月が最後だ。その後、2月に豪風引退相撲を見てからは国技館に行けていない。
7月場所、9月場所はチケット発売されていたのだけれど、飲酒禁止、飲食も控えめに、座席も1個とばし、掛け声禁止、等の制約が多くて、なんとなく「まだいいかな」と見送ってしまった。
その代わり、テレビ中継はよく見た。何せ今はテレワークメインで週1,2回の出勤なのだ。
場所中は13時からabemaTVを流しながら仕事していた。おかげで照ノ富士や千代の国や宇良くんの復活も、翔猿の活躍も、正代の優勝もバッチリ追っていた。

正代、初優勝おめでとう。今場所の正代はカッコ良すぎてビビった。
ほんわかくまモンかと思ってたらヒグマみたいだった。

f:id:mame90:20180527184829j:plain
2018年五月場所 鶴竜の優勝パレードの旗手を務める正代。

「パレードないの残念だね~、でもあの時の優勝パレードも良かったねえ」「ナイス人選だったよねえ」なんて相撲友達と過去を懐かしんだりもした。
こんな風に家で、時折猫を撫でながら、相撲を流しながら、仕事できる今だって相当幸せだよ。
この先どうなるかわからないけれど、去年と同じように金木犀の花の香りのする秋の夜、猫を撫でながら思う。
過去を振り返って「あの頃楽しかったな」と思えるのも幸せだし、今も悪くないなと思えることも幸せだ。

11月場所も家で相撲を見ながら仕事したいです、サンタマリア。

青年の主張

我が家のにゃんずが間もなく2歳になろうとしている。人間でいうと24歳だ。
もう立派な青年だ。
f:id:mame90:20200827162016j:plain
まだ未成年だった昨年の夏とは違う。大人になった彼らは今年の夏、勇猛果敢に狩りを始めた。
常日頃ベランダからカラスに睨みをきかせるも相手にされず、鳩にバカにされ、雀にからかわれ、それでも「俺たちは猛獣である」という誇りを忘れたことのなかった彼ら。
そんな彼らが今年、特に情熱を注ぎ追い続けるもの、それは蜘蛛、てんとう虫、羽虫、カメムシセミ、トンボ。

f:id:mame90:20200816221021j:plain
てきのけはい

てんとう虫、羽虫はいい。だがカメムシはダメだ。部屋の中で潰れたら大惨事だ。
そんな訳で私はこの夏、哀れなカメムシを何匹も猫の魔の手から救い出し、ベランダの外に逃がしてやった。
そのたびに猫は「…は?」と額に怒りマークを浮かべた驚愕の表情で私を見つめる。

f:id:mame90:20200610220531j:plain:w350
ご説明願いたい。

しかし、この夏私が何よりも苦心したもの、それはセミだ。
セミの野郎…セミファイナルを迎える前に何故よりにもよって我が家のベランダに舞い込むのだ。ベランダでがさがさとのたうつセミの羽音に猫は狂喜乱舞して、「出せ!!俺たちをベランダに解き放て!!!」と迫る。

NO!NOOOO!!
「君たちの気持ちはよくわかる!だが、ここはどうか私の気持ちを汲んでこらえてほしい。君たちが狩りの名手であるということはもちろん承知している。私にプレゼントしてくれるというご厚意も非常にありがたく思っております。ですが!!どうか!!」
冷や汗をかきながら政治家のように訴えてみるものの、シュプレヒコールの波はやまない。

f:id:mame90:20200830204845j:plain:w400
全猫共闘会議

「我々は!管理され!抑圧され!搾取されているのである!!我々は!セミを追う自由!猫としての自由!自由である権利を!主張するものである!!」
暴徒と化した彼らは自ら網戸を開け、ベランダに突進し、まだもがくセミを口にくわえて凱旋しようなどと試みるのであった。
機動隊、そこは死守。そして決死の覚悟で瀕死のセミを奪取し、屋外へ逃がす。

f:id:mame90:20200815095834j:plain
おう、ババア、ワシらの蝉ちゃんどこやったんじゃ。

猫の恫喝に屈することも、「虫、さわれないー」なんて甘えた発言も許されない。この荒くれ者どもとの生活では。
羽のちぎれたセミも、もがき苦しむトンボも、新聞紙やティッシュでつまんで外に捨てるのだ。
そんなことができるようになった。いやならざるを得なかった。
f:id:mame90:20200816204732j:plain
猫の成長と共に、私も強くなったのだ。

さてそろそろ猫に夜食を出す時間だ。
遅れようものならこんこんと説教されるだろう。嘘だと思うかもしれないがにゃーにゃーとよくしゃべる猫たちなのだ。
f:id:mame90:20200815103247j:plain
「ねえ?愛しているというならば、まずはボクらに対してご飯を出すべきなのではないかな?誠意ってなんだろうか。」
…そうですね。すみません。誠意ってご飯ですよね。ホントすみません。只今。すぐ。

フルーティーの謎

去年の夏休みはガラスの仮面に夢中になっていたが、今年の夏休みはなんだか料理漫画ばっかり読んでいた。

f:id:mame90:20200830165337j:plain:w350
王道 美味しんぼ
f:id:mame90:20200830165436j:plain
懐かしの ミスター味っ子
f:id:mame90:20200830170338j:plain
信長のシェフ これハマる。
f:id:mame90:20200830170426j:plain
食戟のソーマ イマイチ。
f:id:mame90:20200830170522j:plain
鉄鍋のジャン 相変わらずテンションヤバい。

料理に関するものはマンガでも小説でもグルメ番組の食レポでもそうだけど、美味しさを言語化しなければならず、そしてその表現方法というのは割とパターン化されているものだなあ、と思う。
「ジューシイ」「口の中でとろける」「まったりとしたコク」「外はサクサク、中はふんわり」とか。
あまり奇抜な表現方法を用いても、他人と共有できなければ意味がないので、おのずと限られた表現になっていくんだろうか。

そういった食べ物の表現シリーズで、以前はコクに若干悩んだ。
が、ミートソースを作ってみて、なんとなく理解できたような気がする。自分が作ったミートソースがイマイチ薄いというかコクが足りない感じで、ああ、コクを求めている!と実感したのだ。
最近私が理解に苦しむもの、それは「フルーティー
昨今やたら言うじゃないですか。あれこれに。
f:id:mame90:20200830172132j:plain
初めてフルーティーの壁にぶつかったのは、もう10年近く前、友人に誘われて行ったオクトーバーフェストだった。ドイツだかベルギーだかどこだかの「フルーティーなビール」を飲んでみたのだ。フルーティーというのはどんなだろうか、とその時も頭の中は疑問符でいっぱいだったが、飲んでみて驚いたのは「バナナの筋の味がする!!!」ということだった。
バナナの筋、確かにバナナはフルーツだ。フルーティというのはこういうことなのか、と衝撃を受けた。
友人にも「バナナの筋だね」と伝えたが、友人は生ぬるい目で私を見つめ、無言であった。

その後、なんとなくフルーティは避けてきた。フルーティは私には理解できないなにやら高尚な味覚である、と思った。
だが、またしてもフルーティと出会ってしまう。
このコロナのステイホーム期間、私中国茶にハマったのです。小さな茶壷で小さな茶碗におままごとみたいにして淹れるアレにね。
f:id:mame90:20200830173226j:plain
すると鳳凰単叢というお茶についていろんな人が絶賛しているのに出くわすのです。「フルーティー」「一煎目、二煎目とどんどん香りが変わる」「マスカットのよう」「洋梨のよう」
どんなものかと試しに買ってみたが、私の淹れ方が悪いのか、すごく不思議な味がする。確かに甘い感じ。でも果物ていうかなんていうか木の実???
3日ほど考え込んでやっと思い当たった。甘栗の渋皮の味じゃない?これ?
いや、栗もフルーツだろう、フルーツだから、フルーティ。それは間違いない。
f:id:mame90:20200830174709j:plain
オクトーバーフェストから約10年、またしても眼前に突き付けられる己の「フルーティーに対する感受性」の低さ。
そして様々な「フルーティー」を調べる。フルーティーな日本酒、フルーティーなビール、フルーティーな珈琲。
大体において書いてある。「フルーティーで初めての方や女性の方に大人気」
つまりフルーティーとは初心者向け、女子供向け、ってヤツじゃないですか。おかしいな、なぜ、フルーティーを感知できないのだろう。
f:id:mame90:20200830183033j:plain
フルーティーさがウリのスパークリング日本酒も飲んでみた。お花とか石鹸みたいな感じで味はともかく甘い。お花っぽい感じもフルーティーっていうのかな、お花とフルーツの違いは何?
もういろいろわからない。
f:id:mame90:20200830183254p:plain:w300
これまた、フルーティーでやわらかなコクだと謳う華みやび。ふわっと米麹ていうか穀物ていうか、なんか金山寺味噌を思い出す。
金山寺味噌てフルーティーなのか。また迷宮に入る。
f:id:mame90:20200830183903j:plain
イルガチェフェっていうフルーティーな珈琲も試してみた。ふわっとする。なんかふわっと広がるけどマンゴー?バナナ?私にはわからない…。

もう私、絶対にフルーティーは理解できないんだ。フルーティーと言われる食べ物飲み物を前に混乱するだけなんだ。
私の想像力では追い付かない何かなんだ、あれは。
なんかアレだろ、若い女子にしか理解できないなんかなんだろ、フェロモンみたいなやつだろ。

肉汁たっぷりとか、ジューシイとかサクサクとか、香ばしいとかそういうわかりやすい味で生きてくわ、私は。
サヨナラ、フルーティー。あばよ!