雨の物語

今年はガンダムシリーズが40周年ということであちこちでコラボ企画が行われている。野球も缶コーヒーも競馬も。


アムロ「アリマ行きまーす」シャア「有馬だからさ」 ガンダムと有馬記念 が融合した有馬戦士ガンダム『ニュータイプムービー』公開

NHKでもオリジンが放送されているし、それに合わせて特番もたくさん放送されるので、ついついガンダムが見たくなって、毎朝通勤途中にAmazonプライムガンダムを見ている。元々ファーストガンダムしか見たことがなく、久々に見たガンダムの設定にあれこれ文句を言っていたら、友人に「オリジンを見るとちょっと辻褄が合うかも」と言われオリジンを見た。

もう、びっくり。絵が綺麗で本当にびっくり。ファーストガンダムの戦闘シーンはイマイチだけれど、オリジンの戦闘シーンは何度も見返したいくらいカッコいい。
ひゃー、すごい。オリジンではまだ連邦軍モビルスーツの開発途中なので、ザクがめちゃめちゃ強い。
オリジンかっこいいー!とはしゃぐと、友人から「Zも見て。ZZは面白くないけどZは面白い。あと逆襲のシャアも。小説も結構面白い」と言われたので、これからしばらくガンダムな日々が続くだろう…。
そんな訳で、猫との生活も毎日ガンダムごっこだ。

f:id:mame90:20190504195012j:plain
発進よろし?

f:id:mame90:20181110203700j:plain
ダイクンの遺児

f:id:mame90:20190103104142j:plain
戦いが終わったらぐっすり眠れるっていう保証があるんですか!
君ら、いつもぐーすかぴーやん。

f:id:mame90:20190102094319j:plain
レーザーサーチャー同調!

f:id:mame90:20190603203737j:plain
赤いな。実にいい色だ。

f:id:mame90:20190103091805j:plain
当たらなければどうということはない!

f:id:mame90:20190602064425j:plain
こいつをガンダムの記録回路に取りつけろ。すごいぞ、ガンダムの戦闘力は数倍に跳ね上がる。
f:id:mame90:20190110203617j:plain
「白いモビルスーツが勝つわ」「ふふふ、ニャニャアはかしこいな」
f:id:mame90:20190504144330j:plain
全滅!?さ‥3分もたたずにか…傷ついた戦艦1隻に‥リックドムが12機も…ば、化け物か!
おのれ、連邦軍モビルスーツめ。
f:id:mame90:20190423063800j:plain
やられはせんぞ!やられはせんぞ貴様如きに!やられはせん!


雨の週末。ニャータイプな猫は私の膝の上で、ゲルググゲルググ~と喉を鳴らしている。
そして私は猫の写真を整理しては頭を宇宙世紀に飛ばしているのです。
そうだよ、ヒマなアホだよ。

パンがなければ

パンがなければお菓子を食べればいいのに…とはフランス王妃マリー・アントワネットの発言である、と習ったような気がするし、それが「ベルサイユのばら」に描いてあったように思い込んでいた。
だが「ベルサイユのばら」にそんな描写はなかったし、そもそもあれは別にマリー・アントワネットの発言でも、高慢ちきな意味合いの発言でもなくて、二等小麦粉を使った安い菓子パンにしたらいいじゃん、という内容だったとの事です。
デュ・バリー夫人との対立は史実で、声掛け問題もちゃんとあったらしい。
f:id:mame90:20190608211621j:plain:w400

さて、そんなベルサイユ宮殿のことなど全くもって無関係な日本の庶民である私は、恐らくベルサイユ宮殿のトイレにも満たない大きさの家に二匹の侍従(猫)と暮らしている。いや、侍従は私かもしれないが。
f:id:mame90:20190603210352j:plain:w350
春はキャベツが安いので、この時期は大体家にキャベツがある。夜中にトイレに起きた際、テーブルの上のキャベツを猫と間違えてうっかり撫でようとするくらいにキャベツはある。
コールスローやら、煮びたし、お味噌汁、炒め物、スープ、焼きそば…だんだん飽きてきたときにハタ!と気が付く。お好み焼き作ればいいんじゃない?
キャベツがあるならお好み焼きを食べればいいじゃない!!

が、実は私、あまりお好み焼きに馴染みがない。実家でもあまりお好み焼きを作らなかったし、お好み焼き屋さんに行ったことはあるけれど、全部焼いてもらうタイプ。あとはお祭りで食べたくらい。
そんなわけで、初心者に優しいお好み焼き粉セットを買ってきた。

そして作り方通りに頑張る。お好み焼き2枚焼くのに、必要なキャベツは約半玉300gだと言う。大きめのみじん切り。
いやいや半玉は多すぎじゃなーい?と思いながら1/4玉刻んで量を測ったら全然足りない。なんと!指示通り300gのキャベツはやはり半玉で、ボウルに山盛りだ。
…え、お好み焼きたった2枚でこんなにキャベツ使うの?えええ!おまけに卵も2個も?
f:id:mame90:20190608213230j:plain:w450
お好み焼きという食べ物は、広島の戦後復興を支えたという話を聞いたこともあるし、ずっとエコノミーな庶民の味方だと思っていた。お祭りの屋台で500円で売られているのはお祭り用のボッタクリ価格なのだと思っていた。昔何かの一人暮らし貧乏自炊マンガで、お金がないからお好み焼き、というエピソードを読んだような気もする。

だが、今、お好み焼きを作りながら私はまるでケーキを作るときのように震えている。
ケーキを作るときのあの、「え、バターをこんなに!」「砂糖こんなに使うなんてダメじゃない…?」「なんですって!卵黄を2個も!?」みたいなあの恐怖感…。
なんだよ、お好み焼き、お前貴族の食べ物だったのか。ベルサイユ御用達か。
f:id:mame90:20160518123201j:plain:w450
今回はお好み焼き粉セットと使ったからいいものの、律義に山芋だの小エビ、紅ショウガなんかまで揃えたら一体材料費はどこまで跳ね上がるのか…、ただでさえ豚肉やらネギやら天かすやらも必要なのだ。
怖い…お好み焼き、怖い。庶民の味方みたいな顔して思い切りブルジョア階級の食べ物だったの怖い…。謀ったな、お好み焼き!裏切ったな、お好み焼き!
焼きあがった後には、ソースじゃばじゃば、マヨネーズじゃばじゃば、かつおぶしどっさり、青のり、七味…という、まるでケーキのデコレーションのような工程も待っている。
屋台のお好み焼きなんか全然ボッタクリじゃなかった。お好み焼き屋さんで1枚800円以上するのも当たり前だった…。
f:id:mame90:20190608221022j:plain:w350
おおお、お好み焼き…。
パンがなければお菓子を食べればいいのに、は決して高慢な発言ではなかったが、お好み焼きに裏切られた私は高慢な顔で言いたい。
「お好み…焼きは、たくさんの材料が必要ですこと…!」
「パンがなければお好み焼きを食べればいいのに!」

伝えたいことがあるんだ

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

サラダ記念日 (河出文庫―BUNGEI Collection)

サラダ記念日 (河出文庫―BUNGEI Collection)

両国国技館の中にある相撲博物館では6/14まで「特別展 七十二代横綱稀勢の里」が開催されているので、相撲観戦のついでに見てきた。
f:id:mame90:20190518130144j:plain
懐かしい取り組みのビデオも流れているし、昔の写真、稽古まわし、そして立派な化粧まわしも展示されている。そんな中でやっぱり一番目をひいたのはこれだ。
f:id:mame90:20190319102642j:plain
横綱土俵入りで使われた北斗の拳の化粧まわし。友人と一緒に見ながら、ずっと胸に抱いていた疑問をぶつける。
「いや、私もラオウ好きだし、稀勢の里は引退会見でも一片の悔いなしって言ってたからラオウファンなのわかるし、北斗の長兄だっていうのもあるけど、でもラオウってケンシロウに負けるじゃない?だから、やっぱ稀勢の里ラオウじゃダメだったんじゃないかしら」
f:id:mame90:20190602070417j:plain:w400
すると友人は困惑した顔で言う。「うん、私はこの漫画よく知らないんだけど、なんか聞いた話では相撲の15日間の白星を願って北斗七星2つともう1つ星をつけて15個の星が描かれているんだってよ」
な!!なんですって!?ハっとして化粧まわしをみると、確かに!北斗七星のわきに輝く星が!
f:id:mame90:20190602070820j:plain
ダ!ダメじゃん、これ絶対ダメなヤツじゃん!死兆星じゃんか!見えたら死ぬやつじゃんか!
f:id:mame90:20190602071013j:plain:w400
あわわわわ、と焦る私を友人は不思議そうな顔で見ていた。
ダメだ!伝わらない、このダメさが!!…とすぐに他の友人にLINEで現状を伝える。「え!?死兆星じゃね?」
…よかった。伝わった…。さすが同年代の、そして類は友を呼ぶ友人。ありがとうありがとう。
ていうか稀勢の里北斗の拳ファンなら、何故そんな修羅の道を選んだのか…。愛ゆえか。愛ゆえに人は苦しまねばならぬのか…。

【後編】「特別展 72代横綱稀勢の里」荒磯親方の本人解説!

お友達のかえる姉さんは何かにつけて「職場でなかなか話が通じる人いないよね。もう若い人ばっかりでさ」と嘆く。でも今の会社ではやっと同年代の人たちが見つかったらしい。そして石立鉄男のわかめラーメンのCMの話ができたらしい。
夜更けのタリーズコーヒーでその話を聞いて、わーかめスキスキ、今の今まで忘れてた!と息が止まるほど笑った。

【エースコック】わかめラーメンTVCM 石立鉄男さんVer
そんな日から数ヶ月過ぎ、ある日会社でお昼にわかめスープを飲もうと粉末パックを取り出した瞬間、私の頭の中で石立鉄男が躍動し始めた。わーかめすきすき、ピチピチィ!!
昼ご飯を食べている間も、そして午後の仕事の最中も、頭の中で鉄男はしつこく踊り続ける。そして何度も問いかけてくる。「お前はどこのワカメじゃ?」
ダメだ!誰か!誰かと共有しなければ!
あたりを見渡すが若い人ばっかりだ。そんな中同僚のオスカルさん(仮名:ご主人はフランス人)におそるおそる、「オスカルさん…石立鉄男のわかめラーメンのCM…知ってる?」と聞くと、知ってる!と即答だったので少し救われた。
その勢いで社外の友人にもハングアウトで伝えたら「伝染力高いんだからやめてよ!」と怒られた。よかった。友人に伝染させて更に救われた。
また、仕事の合間に「わかめラーメン」で検索するとエースコックがこんな特設サイトを作っていた。

…そうなのよ…若者には伝わらないのよ。お前はどこのワカメじゃ、が。
…まあ私もいまだに米津玄師の名が読めないのですが。
帰宅後はかえる姉さんにももちろん連絡した。ふう、やれやれ。
あれから、わかめスープを飲むときは鉄男を思い出さないようにとても気を付けている。鉄男にやられると、午後がまるまるつぶれてしまう。

一人で死ねとか、そんな事言うなとか、引きこもりとか絶望とか、孤独だとか理不尽さとか社会がどうとか、悪意の理由とか。

北斗の拳やらわかめラーメンみたいなくだらない話でさえ共有できる人を見つけるのはそれなりに難しい。けれど、くだらない話が共有できるだけでちょっと救われたりもするもんだな、と思う。
それができないから絶望なんだろうか。孤独だって言うんだろうか。
せめてネット回線でもつながっていたら、顔の見えないどこかの誰かとネット掲示板でくだらないおしゃべりもできたのに。youtubeでわかめラーメンのCMを見て笑ったりできたのに。
もちろんネットもいいことばかりじゃないけれど、何一つつながりがないことでそんなにも絶望するなら。
伝えたいことが誰にも伝わらないことで、他人を傷つけてしまうなら。

宴のあと

相撲にハマって早4年。
2016年の初場所からは、国技館で開催される1月、5月、9月は必ず見に行っている。チケットは先先行で申し込む。手数料はちょっとかかるけれど、これまではずれたことがなかったので、どこかで「なんだかんだでチケットはとれるもんだ」と思いあがっていた。
だが、5月場所のチケットの抽選にはずれてしまった。なんてこと…。稀勢の里ももういないというのに、何故!!
ショックで呆然としたが、友人が「私が頑張るから!」とローソンでとってくれた。
そうね、ぴあ先先行がダメならローソンがある、イープラスがある、JRがあるわよね…。もう、そんな気力さえなくしていた。でもこれで今場所も見に行ける!

f:id:mame90:20180916155443j:plain
バンザーイ!

見に行けて当たり前だと思っていた時と、ダメかと思っていたけれど見に行ける!というのでは喜びが違う。
ゴールデンウィークからずっと楽しみにしていて、「今日はシウマイ弁当買って帰ろうかな」と思う日でも「いや、シウマイ弁当は相撲観戦の日にしよう」と心に決めたり、びろーんと広がる猫の尻を見ても、国技館で売られている軍配みたらしを思い出したりしていた。

f:id:mame90:20190515214317j:plain:w350
猫の尻
f:id:mame90:20190518134528j:plain:w350
軍配みたらし
その浮かれ具合はどうやら友人も同じだったようで、当日は「陽気もいいからなんだかフェス気分!シャンパン持っていくね!」とLINEが来た。フェス!!
フェスって何が必要なんだろうか、わからないけど、柿の種とチョコレートなんか持っていく。シウマイ弁当も買っていく。館内で軍配みたらしとビールと焼き鳥も買う。
友人の保冷バッグからはシャンパンのミニボトルやらデリで買ってきたアンチョビオリーブなんかが出てくる。ひゃーーー!

もちろん入り待ちもする。勢、男前ーーー!
うきうきと相撲博物館も見て歩く。
そうして相撲見て、食って、飲んで、はしゃいで、笑って、帰りには亀戸餃子両国店で生餃子買って帰った。
いやー、楽しかったなあ。相撲最高、フェス最高!と帰宅したのが20時半。お留守番の猫にはいつもよりいいご飯をあげた。
f:id:mame90:20190518090325j:plain:w400
だがしかし。
猫は静かに激怒していたのであります。
俺をおいて…!このオレをおいて力士なぞにうつつをぬかし…!ご飯もカリカリしか置いていかず…!と腹を立てていたのです。
翌朝、掛布団に盛大なおしっこが。
そして私は朝6時からコインランドリーで布団を洗濯したのです。帰宅後はシーツとベッドパッドの洗濯も。
そんな、フェスの後の日曜日。
家に帰るまでが遠足、猫に詫びを入れるまでがフェス。

青い鳥

長年おでんを炊いたりご飯を炊いたり、友人が来れば鍋をしたり、と活躍してきた土鍋が、我が家のテロ組織によって破壊された。

f:id:mame90:20190329204244j:plain
テロ組織ニャルカイダのリーダー
少しでも美味しいご飯が食べたいと土鍋で炊飯し、焦げをとるために水を張ってガス台に置いておいたのが敗因だった。帰宅すると、床は水びたし、土鍋は真っ二つの大惨事。
猫は物陰に隠れ、こちらの反応をうかがっていた。なんと卑劣な…!!
それで仕方なく、しまい込んでいた炊飯器を出してきてご飯を炊いていたけど、やっぱりイマイチ…。
ああ、今日は帰ったら炊きたてのご飯が食べたいなあ、とぼんやり思う帰りの電車の中で、そういえば圧力鍋でご飯が炊ける、ということを思い出した。

今までずっとなぜか爆発を恐れて避けてきた圧力鍋を今年の頭に買った。その付録のレシピブックに確かご飯が炊けると書いてあったはずだった。ただし、高圧で炊飯することにより、コメのでんぷんがどうのこうので、ご飯が灰色になることがある…と書いてあったので今までチャレンジしなかったのだ。
土鍋買うか、圧力鍋でチャレンジするか、それならチャレンジしてみようじゃないか!
…これがまた恐ろしく楽ちんで、圧力かかり始めてから3分で火を止めて、あとは圧力抜けるまで待つだけだ。15分くらいだ。早い!!そしてモチモチでおいしい!
なーんだ、圧力鍋でよかったのだ!圧力鍋、買ってよかった!万歳!!

WMF パーフェクトS 圧力鍋 2.5L W0792596349

WMF パーフェクトS 圧力鍋 2.5L W0792596349

信頼のドイツ製。圧力メモリの色味もジャーマンテイストで可愛い。蓋は取っ手もパッキンもすべて外して丸洗いできる。なんと良いお買い物。
f:id:mame90:20190519085146j:plain:w300

2月くらいからずっと腰がじわじわ痛かった。伸ばすと痛い。初めは恐らく体調のせいだし、そのうち治るだろうとタカをくくっていたが1ヶ月すぎても痛い。だんだん腰が痛いことに慣れてくる。そして慣れた後で今度は不安になる。
「もう一生腰が痛いまま生きていくんじゃないのか」「もうダメなんじゃないのか」

3年前に通っていた整体はやたら回数券を押し売りしてくるので行かなくなった。去年通っていた整骨は、良くなってからも延々通わされるので、勇気を振り絞って「もういいです」と告げて以来行けなくなった。さて、どうしたものかとネット検索したら、うちの隣の隣のビルに接骨鍼灸院があった。接骨鍼灸院は骨がはずれた人や鍼灸希望の人しか行けないのかと思っていたけど、ただの腰痛でも行っていいらしい。
それで、土曜日の朝イチで向かうが、あまりの近さに通り過ぎそうになってしまった。徒歩1分だ。なんてことだ!

腰をのばすコアラベイビー。

先生も感じのいい人で「大丈夫!なおるから!」と頼もしい。そして「家近いの?」と気さくに話しかけてくる。ええ、近いです、この1軒隣のビル…、と答えると先生が「ああ!あの中華食材屋さんの上?」と仰る。
うちの下には外からはまったく見えないように窓のふさがれた中華食材屋さんがあって、なんでも餃子やシュウマイを作って中華街や中華レストランに卸しているらしい。たまに中国人たちが喧嘩をしていることもある。餃子の匂いがあがってくることもある。また、何かのイベントで使ったのかこんな看板が駐車場に置いてあって度肝を抜かれたこともある。
f:id:mame90:20170825192248j:plain:w350
世の中では焼き小籠包なるものが流行っているのだな、ということを知ったのはこの看板のおかげだ。
先生は得意げに続ける。「あそこ、普通に買えるの知ってた?もちろん焼く前のやつだけど、餃子とか買えるんだよ?中華街とか、結構有名なレストランの製造部門らしくて、時々買うんだけど割とおいしいよ」
ま!!!!!!マジか!!!!そんな美味しい餃子が我が家の下で製造されていたの?
あの電飾をピカピカつけた自転車にのっている中国人たちの手によって?

腰も魔法のように軽くなった整体の帰り、1階の中華食材屋さんを見てみたら確かに価格表が貼ってあった。冷凍餃子12個500円。しかし販売は平日のみ。おおおお。今度有給とったとき買おう。餃子は逃げない。

f:id:mame90:20181006113522j:plain
シンガポールの揚げ餃子店で売られていた餃子のぬいぐるみとキーホルダー
すっかり餃子気分になってしまったので、意を決してその日は餃子を手作りした。宇都宮餃子には負けるけど、自分で作った自画自賛もあって美味しい。

米は圧力鍋で炊いたら美味しい、1軒隣に安くて腕の確かな整骨もある。階下にはおいしい餃子を作る店があり、自分で餃子を作ることもできる。
おお!幸福の青い鳥はこんなにも身近なところにいたのか。素晴らしきかな人生!

本当にひとり立ちしたい人は、何かを育てるといいのよね。子供とかさ、鉢植えとかね。そうすると、自分の限界がわかるのよ。そこからが始まりなのよ。

キッチン (角川文庫)

キッチン (角川文庫)

吉本ばななが23歳で書いた「キッチン」という小説にはこんな一節がある。私が初めて読んだのは19歳の時。まだ親元暮らしだったし、「ふーん、そうなのかあ、そうやって大人になるんだなあ」と憧れすら抱いたもんだった。
あれから何十年もたって、令和になって。吉本ばななの言う「本当にひとり立ち」がどれくらいの意味かは分からないけど、猫に逃げられたり何度も植物を枯らしながらひとり立ちしてきた。
また猫を飼い始めて、ふとあの文章を思い出すと、「限界」かしら、「限界を知ったかしら」と考えてしまう。
f:id:mame90:20190501113619j:plain
いや、限界を知る、と言うよりも、何かを本気で育ててみて知ることは「腹をくくるしかない」ってことなのではないか、と私は思う。
猫と暮らし始めて半年。ようやく「もうしょうがない。腹くくるしかない」という境地に至った。
これまで、うんこがどうの、おしっこがどうの、と悩みを書いてきたが、いちばん心を占めていたのは「猫がデカい」ということだった。
ともかくどんどんデカくなるのだ。朝会社に行って、帰宅するとひとまわり大きくなっている。まるで「千と千尋の神隠し」のカオナシみたい。
f:id:mame90:20190511215008p:plain
「ひい!また大きくなってる!」 そんな毎日だった。
下の表はペットフードのパッケージに記載されている1歳までの子猫の給餌目安量だ。
f:id:mame90:20190413132052j:plain
うちの人たちは16週で2.6kg、24週で3.9kgあった。
仕方ないので、体重に合わせてご飯の量を決めていたが、パッケージによると3.5kgからは量を減らすことになっている。
しかも成長が早かったせいで20週で去勢している。去勢後は太りやすいから気をつけろ!だの、1歳になるまでは成長期だからご飯はどんどんあげろ!だのといろんな情報が錯綜する中で、どうすればいいのかずっと悶々としていた。
病院で先生に「ご飯の量って…」と聞いてみても「ああ、うん、太ってないから平気」とサラっとかわされる。
この時期、私は本当に答えが欲しかった。何を見ても書いてある「個体差があります」という一文に憤りさえした。
個体差があるのなんかわかってんだよ!!だからどうしろって言うのよ!

体は「子猫」とは呼べないほどデカい。しかし中身はまだ全然子供、というギャップに戸惑ったりもする。
公園で出会ったトイプードルや友人の家のマルチーズよりも大きくて、犬よりデカいのか…と衝撃を受ける。
どこまでデカくなるのか、そのうち土佐犬みたいになるんじゃないか、と不安に駆られたりもする。
よその子猫を見て「わー、小さい!2か月くらいですか?」と話しかけたら「4か月です」と言われてヘコんだり。
…大きいことはいいことだし、健康に大きく育ってくれてありがたい。ありがたいけれども、もしかしたらよその家ではもっと、あどけない子猫時代を長く楽しめているんじゃないのかしら。うちはもう子猫なんて呼べない体格になってしまったのに…、と他所と比べてしまったり。

かつてはこんなに小さかったのに…

病院の先生から「太っていない」とのお墨付きは頂いたがともかく胴が太く逞しい。胸郭もすごい。尻もデカい。
一昔前なら健康優良児だろう。明大中野八王子から相撲部屋に入るタイプ。そんなワケでよく食べる。正直、給餌量目安の2倍は食べていると思う。
「肥満は万病のもとです」「猫を太らせないことが飼い主の責任です!」などと、どこにもそこにも書いてある世の中で、責められているような気持にもなった。
これが自分の事だったら別にいいのだ。食べ過ぎたら太る、太ったら何か対策考えればいい、病気になったらしょうがない、でも「違う生き物の成長に対して責任を持たなければいけない」から…。
おろおろクヨクヨ、うだうだ延々考えたけど、もう考えるのやめた。やめやめ。

腹の立つようなイタズラもする、腹が減ったと大騒ぎもする、そしてたくましい腹をもつ、そんな彼らが太り始めたらまた考えればいいし、毎日毎日様子見ながらご飯の量も考えていくしかない。そしてどんどんデカくなればいいさ。8kgの雄猫なんかもいるみたいだものね。大きくなれよ!と腹をくくる。
腹を決めた私は5月から筋トレを開始した。
だって、これからも更に大きくなり続ける猫を2匹もかついで病院に連れて行ったり、抱っこしたりして生きていかねばならないのだもの。
腹をくくり、腹を決め、腹を鍛え、腹をすかせた猫にご飯食べさせる。

尚、猫はもう5kgを超えたことをここにご報告いたします。

おいしい罠

ここ数年、よくネットで「無限ナントカ」とか「悪魔のナントカ」とか「やみつきナントカ」と言った簡単レシピが紹介されて話題になっているのだけれど、どうもあれらの食べ物をあまり美味しいと思えたことがない。
特にダメだったのはコレ。甘すぎてうえー、となった。
ネットで話題のレシピに寄せられる「マジでおいしい!」「箸が止まりません」「ヤバい!!」等の感想を横目に「私の味覚がおかしいのかしら」と思い悩んだりもした。
なのでもう「ネットで話題の」という罠には落ちないように心がけている。きっとあれらは若い人向けなんだ!
f:id:mame90:20160312045553j:plain:w500
いつか築地で朝4時に食べた海鮮丼。美味しゅうございました。

あれは小学校の家庭科の授業だったか、先生が言った。
「お米とお茶はね、一度美味しいものを覚えちゃったらもうレベルを落とせない」
…なんて恐ろしい…と思った。当時の私は生活保護家庭にいたもんで、もう絶対そんな味を覚えてはならないと心に誓った。
あれは世の通説かと思っていたが、ネット検索をしても特に引っかからないところを見ると先生の持論だったのかもしれない。何も米とお茶に限らず、やれ「美味しい食パン食べちゃうと、もうスーパーのパンが買えなくなる」だの「調味料をいいものに変えるだけで料理のレベルが変わる」だの「いい梅干しってのはああだこうだ」とか、まあ世の中は罠だらけだ。米とお茶に気を付けているだけじゃダメなのだ。
f:id:mame90:20181020131733j:plain:w500
去年の10月、仙台に行ったときに友人に地元で美味しいと評判のとんかつ屋さんに連れて行ってもらった。10年位前にも行ったことがあって、とても美味しくて楽しかった記憶があったので、また行きたい!とお願いしたのだ。あの店に行くのなら…と友人のお母さんも一緒にやってきた。
久々に食べたとんかつ、期待を裏切らずとても美味しかった。しかし、とんかつ以上に美味しかったのはお米だ。ご飯がものすごく美味しかった。美味しい!!と興奮する私に、友人と友人のお母さんは冷静に言う。
「あー、ほら、もう新米出てるし」「米どころだから」
隣の席では15人くらいの学生の集団がいて、「全然意識して生きてこなかったけど米の味の違いはわかるかも」などと話をしていた。
これが真においしいお米の実力か…と思い知った。帰宅してからもおいしいご飯が食べたくて土鍋で炊いたりおいしいお米の炊き方を調べたり、頑張ったけど、どうも違った。
なんでしょうね、米どころだから、みんなで一緒に食べたから、人が作ってくれたご飯だからっていう魔法もあるのかしらね。

ネットで話題の…、には引っかからないように気を付けてはいても、うっかり冷凍餃子を讃える記事を読んでしまうこともありますね。人間だもの。
そして吸い寄せられるように餃子を食べたし、冷凍餃子も買ってきた。
なんでも最近の冷凍餃子は「水、油不要」「ご家庭でも羽が簡単にできる」「火力のバラつきを抑えるため、作り方説明に中火の写真を掲載」とのこと。
すごい。早速買ってきた味の素の冷凍餃子にもやっぱり写真がついている。
f:id:mame90:20190413073449j:plain:w350
具体的な指示、ありがたい。
そんなわけで見た目はそこそこの餃子がお家で出来上がったのだけど、どうにもこうにも美味しくなかった。餃子にまるでこだわりもなく、羽があろうがなかろうが別に興味もなく、餃子じたい年に2、3回食べる程度だった私なのに…。
こんな体になってしまったのは去年の夏、青春18きっぷで宇都宮に行ってしまったせいに違いない。別に餃子目当てで行ったのではないが、ついでなのでお昼に餃子を食べた。
f:id:mame90:20180816123457j:plain:w450
おみくじも餃子なくらいに餃子の町だもの。
いろんなお店の餃子が食べられるところで、アラカルト餃子10個入りを食べたらあまりのおいしさに餃子をお替りしてしまった。こんなに餃子が美味しいとは、そしてこんなにぺろりと食べられるとは思いもよらなかった。
思えばあれで私の餃子レベルが上がってしまったのだろう。もう味の素の冷凍餃子には戻れないところまで。
米とお茶どころか!食パンどころか、みりんどころか、餃子まで!
レベルをあげたらもう落とせないではないか。…世の中はなんて罠だらけ…。

日光浴したり、本を読んだり、昼寝したり。ガンダム見たり、マンガ読んだり。ひまーーーーに過ごしてる10連休。
せっかく10連休だし匂いとか気にせずに餃子食えるな!餃子、食べたい!!…と、ふと思い立つが宇都宮はあまりに遠い。
かと言って冷凍餃子はダメだ。それで近所の中華料理屋へ行った。おばちゃんが切り盛りしていて、おじさんたちが鍋を振って、1000円以内で定食が食べられる昔ながらの中華料理屋。一人でも気楽に入れるし、ビールも飲める、それでいて禁煙で、清潔感があって、私が大好きなタイプのお店。
そして日替わりランチは無視して餃子定食を頼む。
うん、美味しい。あー、でもやっぱり宇都宮の餃子の方がもっと美味しかったな…。夏になってまた青春18きっぷが出たら日帰りで宇都宮に行って餃子を食べよう。日帰りならば猫も許してくれよう。
f:id:mame90:20180816124100j:plain
こんな顔ハメ看板まであるあの街にまた行こう。青春18きっぷ5回分のうち、3回くらい宇都宮に費やしてもいい。
そう思うほどに餃子の罠は深かった。米よりも食パンよりも何よりも…。あれこそ「悪魔の」とか「やみつき」とか呼ぶレベル、並んでも食べたいレベル。
こんなこと書いていたらまたしても餃子が食べたくなる夕暮れ時。
餃子の罠はどこにでも。