君拾帖

■くんしゅうちょう■  すきなことだけてきとうに

生くる悩み

日々は大体野球とコアラでできている。
まるでストレスフリーな人生みたいだけれど、それなりに考えたり落ち込んだりすることもある。まあ、そんなに大層なことでもないけれど。

昨日は楽しみにしていた甲子園4日目。あっさり横浜高校が負けてしまうので、「なんたること!…かくなる上はコアラだ!コアラ見るしかない!!」と夕方の埼玉県こども動物自然公園へ。夏休みなのでナイトズー開催中なんですよ。

コアラに夜を認識させるためなのか赤いライト点灯中。

ベイビーコアラ、ニーナは精力的にむしゃむしゃバリバリとユーカリを食いちぎり

葉っぱを食べつくすとママのおっぱいへ。

なるほど、あなたのおデブボディはそのようにしてできていたのね。母の呆れ顔よ…。

コアラたるもの、如何に大人になろうとアイドル雑誌の表紙みたいなキメ顔

初めてコアラのランチタイムを見学したとき、その生き様に衝撃を受けた。
新しい葉っぱがくれば起きて、むしゃむしゃと食べ、何食わぬ顔でポトポトと排便し、また寝てしまう。
これこそがミニマリズムの極地だな。生きる理由なんて考える必要は何もない。ただ食べて排泄して寝る、それだけでこんなに可愛いんだからそれでいいじゃないか!

手紙

手紙

谷川俊太郎の「手紙」という詩の中に「サバンナに棲む鹿だったらよかったのに」という一文があったが、「森に棲むコアラだったらよかったのに」という手紙を書きたくなった。

しかし、何度か見ていると「あ、コアラもそれなりに大変なんだな」という事に気がつく。

新しい葉っぱに囲まれて良席ゲット!とぼんやりしていたら、後から来たおばさんにお尻でぐいぐい追い出される。



おいババア!

ちょっとムカつき顔で振り向きざまにユーカリ食べる。


なんとか安住の地を見つけるも、憂いの表情。

また別の日。新しい葉っぱも来たし、ここ天国!とご機嫌でいられたのもつかの間。

あらー、あの辺良さそう♡おばはん、ジャンプしちゃう。

あら、なんかいる。ねえ、どいて?

おりてちょうだい。おばはんのお尻が置けないでしょ?


ああああああ!


わかればいいのよ。

ねえ、お嬢さん。子どもだからっていつまでも甘やかしてもらえると思ったら大間違いなの。生きていくってことはね、自分の居場所は自分で勝ち取るってことなの。

…。

葉っぱ…ない…。

ママも助けにきてくれない…。

ここで寝るしかないんだ。フカフカの葉っぱもないけど。

群れの中で生きる、社会の中で生きるってことは、人間だろうとコアラだろうと悩み無用じゃいられないものなんだな。いや、例え群れじゃなくて一人で生きるにしたって餌の心配やら危険やら、悩みはつきないんだろう。
どんな素敵なミニマリズムライフでもシンプルライフでも。
悩むことが生きることね。
蒸し暑いコアラ舎でそんなこと考える夏休み。