君拾帖

■くんしゅうちょう■  すきなことだけてきとうに

曲がり角ごとの驚きⅫ コアラの園


春先に三浦半島へ遊びに行ったら「エデンの園」という老人ホームの広告がバンバン貼ってあってちょっと驚いた。
エデンの園…か。エデンの園ってあの、パンツはいてないとこだけど…。

それはさておき、関東でコアラを見ることのできる動物園は3つある。多摩動物園埼玉県こども動物自然公園、そして横浜市立金沢動物園
多摩動物園はコアラはもう1頭しかいない。金沢動物園は昨年コアラの子供が死んでしまったり、4月にコアラがリンパ腫で亡くなったり、悲しいニュースが続いていたけれど、どうやら名古屋からコアラが来たらしい。


鎌倉へのハイキング中に通り過ぎたことしかなかった金沢動物園、これを機に行ってみようとでかけた。

京急金沢文庫駅からバスで10分くらい。海を見下ろす丘の上。


入り口がテーマパークみたいになっていてコアラが指揮するオーケストラもいるので、期待が高まる。

金沢動物園のコアラは2頭ということになっていて、まだ名古屋から来たチャーリーは記載されていない。そしてユウキは今日休みなのでユイだけ。

ランチタイム以外はずっとユーカリに埋もれて寝ている、ちょっとクールな女の子、ユイ。

…そうね…。100%そのとおりね…。クールね…。
埼玉のコアラが愛想が良かったせいか、なんだかちょっとしょんぼりしながら帰宅し、翌日は埼玉へ。
別に金沢動物園は何も悪くない。ただ、私がもう埼玉のコアラを知らなかった頃に戻れないだけ。知恵の木の実を食べてしまったお二人のように。

「あら、うちの子見に来たの?」と1回起きて出迎えてくれるドリー。

そしてまたぐーすか寝てしまう。育児って大変ですものね。

今日は全体的にみんな寝てるな、と思いながら外に出たら、すぐそこにコアラ!前回は気づかなかったが、どうやらコアラ舎のガラスケースの中は女子の園、外は男子の園になっているみたい。このイケメンはドリーの旦那でニーナの父、コタロウ。


あ、うん、なるほど、男子ですね。

こっちはピンクのお鼻のピノ氏。堂々とノーパン。
尚、ピノ氏の母エミは5月に鹿児島の平川動物公園にお嫁に行って、代わりに鹿児島からコロンという雄がお婿に来たらしい。
新しいコアラが仲間入りします! - 埼玉県
もう、この楽園でどんどん増えたらいいよ、コアラ。

ニーナを抱えて眠るドリーの丸い尻。

嫁と子供が気になるのか、お腹がすいているだけか、落ち着きなく歩き回るコタロウのスリムな尻。

男が笑うのは年に3回、と言わんばかりに常にコタロウは迫真顔。

一方女子の園では眠気優先。

だらしない。でも気持わかる。そして可愛い。

母子熟睡。

うん、関東でコアラを見るなら埼玉一択だな。なんて素晴らしいコアラの園なんだ、ここは。
ちょっと遠いとは言え、ここにくればコアラに会えると思えば頑張って生きていける気がする。意気揚々と年間パス買って帰ってきた。交通費?知らん!

広告を非表示にする