君拾帖

すきなことだけてきとうに

むくわれてあまりある


最近マンガの引用ばかりでちょっと気が引けるが、大好きなんですよ、マンガ。

これは「エースをねらえ」で、お蝶夫人に憧れ続けた尾崎さんが初めてお蝶夫人を送ることに成功し、海を見に連れていき、手を差し出されて感極まるシーン。
「あのプライド、あの気性。あの人は10代の男にどうこうできる相手じゃない」と言われるお蝶夫人もまた10代。恐るべし。
尾崎さんは大変な相手を好きになってしまったのだな。
そして私は大変に可愛いコアラが好きになってしまったのだ。
f:id:mame90:20170611200343j:plain:w350
そんな訳で先日多摩動物園に行ってきたが、一人ぼっちのコアラが寂しく眠り続けているのみであり、今際の際のゲーテの如く「もっとコアラを!」と切に願った私は、その情熱の赴くまま、翌日すぐに、赤ちゃんコアラがいるという埼玉へ出かけたのであります。
埼玉県こども動物自然公園 Saitama Children's Zoo

開園前から、コアラ窓口で待機。来る途中、バスの中から「産直市場 コアラの里」なんてお店も見えて、期待が高まる。
開園するなり一直線にコアラ舎へ。

相当歩く。橋も渡る。

まだ歩く。

コアラ舎!

顔ハメ看板がなんか斬新。もちろん一番乗りだ。

いた!

あっちにも!5頭もいる!すごい!

でもまあ寝てるよね、そうよね…と思っていたら動き出すので大興奮する。

おおお起きてる!動いてる!しかもなにげに動きが早い!

「コアラだけど何か質問ある?」みたいな顔。

これ、あの女子がキュンってするって噂の、「ドライブ中、バックする時、助手席に手をかけてハンドル切る彼の姿」でしょ、そうでしょ。すごいトキめく~!
まあ、ここにいるのはみんな女の子なんだけど。

木に登ったり

いい顔をしてくれたり、あまりにサービスがいいので「あなた、なんておもてなし精神に満ちたコアラなの…」と感動する。
ちなみに飼育員さんが作ってくれたコアラ紹介ボードがあるのだが、この子が誰なのか、見分けられなかった。ニコニコ笑顔がジンベラン、鼻が真っ黒なのがエミらしいが、みんなニコニコ笑顔で鼻が真っ黒に見える…。

赤ちゃんもいた!!!赤ちゃんを抱いているのが小顔ガールのドリーのはず…。

隣の木では、赤ちゃんと同じ顔で眠る女子。

一旦起きて、器用な姿勢で眠りなおす。

外でカメとナマケモノ見て、また戻ってきて赤ちゃん見て、約2時間、大興奮しながらコアラ舎に張り付いていた。


エースをねらえの尾崎さんはお蝶夫人を送り届けただけで「思い焦がれた3年半、むくわれてあまりある」と感極まっていた。
私も同じ。
片道2時間の道のりも早起きもむくわれてあまりある。あまりありすぎる。
感極まって鼻血が出そう。
ありがとう、ありがとう、埼玉県こども動物自然公園

広告を非表示にする