読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君拾帖

すきなことだけてきとうに

めぐる季節

桃尻語訳 枕草子〈上〉 (河出文庫)

桃尻語訳 枕草子〈上〉 (河出文庫)

橋本治の桃尻語訳枕草子に言わせれば「春って曙よ!!」だが、私には「春って野球よ!!」だ。
プロ野球も開幕したが、何より高校野球だ、春季大会だ。

久々の保土ヶ谷球場。春の保土ヶ谷は本当に気持ちいい。

今年の円陣。

何度も春がめぐる間に私もすっかり年をとったんだろう、今までは大人っぽく見えていた選手たちがものすごく子供に見えるようになってきた。


体は大きいし、いっちょ前に男みたいな顔してるけど子供なんだなあ…としみじみしてしまいながら、高校生たちの青い春を見つめる。

春は曙。その曙を楽しむかのように朝4時に起き、始発で向かうは国技館
今日は夏場所の稽古総見だったのだ。もう夏場所か。
旧暦の名残とは言え、夏なのか。

早朝からずらっと並ぶ尻の数々を去年も見たな。

去年の仙台場所、すぐ近くにいるこの超イケメンは誰なの?と思いつつドキドキしてサインももらえなかった琴恵光。
あの時初めて知ったので、去年の稽古総見の時には全然見ていなかった。

季節がめぐり、今や大好きな琴恵光が目の前にいるというのに、ズームレンズを忘れてきた自分を引っぱたいてやりたい。

大関昇進の期待もかかり、かわいがられる高安。
去年は期待の新人、宇良くんがかわいがられていたっけ。

こんな風に月日が積み重なり、季節がめぐるのを定点観測していると、時々少しだけ我が身を振り返って切なくなることもある。
みんなどんどん立派になっていくから。すごいなあ、と思うから。
嬉しくて、ほんの少し切ない。
それが春ってものか。でも夏もそうか。秋もそう。
季節がめぐるってそういうものか。

広告を非表示にする