ねこ

雨の物語

今年はガンダムシリーズが40周年ということであちこちでコラボ企画が行われている。野球も缶コーヒーも競馬も。 アムロ「アリマ行きまーす」シャア「有馬だからさ」 ガンダムと有馬記念 が融合した有馬戦士ガンダム『ニュータイプムービー』公開NHKでもオリ…

宴のあと

相撲にハマって早4年。 2016年の初場所からは、国技館で開催される1月、5月、9月は必ず見に行っている。チケットは先先行で申し込む。手数料はちょっとかかるけれど、これまではずれたことがなかったので、どこかで「なんだかんだでチケットはとれるもんだ」…

本当にひとり立ちしたい人は、何かを育てるといいのよね。子供とかさ、鉢植えとかね。そうすると、自分の限界がわかるのよ。そこからが始まりなのよ。 キッチン (角川文庫)作者: 吉本ばなな出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1998/06/23メディア: 文庫購入: …

何を見ても何かを思い出す

「とにかく、素晴らしいストーリーだ。ずいぶん昔に読んだ小説を思い出したよ」 「きっと、何を読んだり見たりしても、何かを思い出すんじゃない、パパは」 蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす: ヘミングウェイ全短編〈3〉 (新潮文庫)作者: アーネストヘ…

Yの悲劇

先日、NHKでガンダム誕生秘話のドキュメンタリーを見たら、ファーストガンダムが見たくなってしまい、ここ最近の私は毎朝電車の中でガンダムを見ながら出勤している。きっと周りの人には心の中で「ガンダムさん」などと呼ばれているだろう。いいですよ、別に…

水の都

うちの母は人にあれこれ口出しするのが好きなタイプで、そこかしこに余計な首を突っ込むが、受け入れられないことも多く、時に怒り、時にため息をつき、そして時には芝居がかった口調で、こんなことを言う。 「もういいわ。馬を水辺に連れて行くことはできて…

どういう神経

二月二十七日黄色い水仙のアップリケはきれいだな と書いてある手紙を読んで 何を言いたいのか分からないと言うのは どういう神経か分からない 谷川俊太郎 「詩めくり」 やっぱり谷川俊太郎は天才だな。 私もこれくらい堂々と言いたいものだ。 「ジップロッ…

ウィーンはいつもウィーン

小学校高学年になると音楽の授業は音楽室に集められて、月に1度はレコードでクラシックを聴く音楽鑑賞があった。ドキドキしながら音楽室に行って、最初の音楽鑑賞はヨハン・シュランメルの「ウィーンはいつもウィーン」だったと思う。 変なタイトル、という…

飼い猫が鳴くので

猫を引き取ることに決めたのは9月の終わり。 10月の頭にはシンガポールに行ってきた。 やっぱ暑い国はいいな。いろんな文化が混ざり合ってるのもいい。イスラム寺院やヒンズー教寺院、仏教寺院が混在している。また絶対来ようと心に誓ったが、その「また」は…

可愛いだけじゃダメかしら

あれは9月の3連休。友人から子猫団子の写真が送られてきた。 友人は行きつけの動物病院で保護されていた、生まれたての子猫4匹を引き取ることにしたらしい。 オス2匹、メス2匹。 毎日猫の話を聞くうちに、どうしたことでしょう。オス猫2匹を私が引き取ること…