Yの悲劇

先日、NHKでガンダム誕生秘話のドキュメンタリーを見たら、ファーストガンダムが見たくなってしまい、ここ最近の私は毎朝電車の中でガンダムを見ながら出勤している。きっと周りの人には心の中で「ガンダムさん」などと呼ばれているだろう。いいですよ、別に…

TERIYAKI

長らく一人暮らしをしているので、自炊はするし、毎日会社に弁当も持って行っている。 そう言うと誰も彼もが「えら~い」とか「女子力」だとか「マメ」だとか言い出すけど、そういう定型文いらんのじゃ。 一日のメインを弁当にして、弁当のために料理をし、…

余計なこと

何かにつけて平成最後の平成最後の、と言われる昨今。 新元号は令和だという。発表があったあの日の午後はずっと頭の中でエリック・クラプトンがカッコよくギターを奏でていた。 レイ~ラ~♪さて、ようやく暖かくなり始めた3月の終わり、かねてより動作の怪…

水の都

うちの母は人にあれこれ口出しするのが好きなタイプで、そこかしこに余計な首を突っ込むが、受け入れられないことも多く、時に怒り、時にため息をつき、そして時には芝居がかった口調で、こんなことを言う。 「もういいわ。馬を水辺に連れて行くことはできて…

風に吹かれて

若さというのは傲慢なもので、母から「子供の頃は木の冷蔵庫を使っていた。冷却用の氷を買いによくおつかいに行かされた。流し台は石だった」という思い出話を聞かされた時には「木!石!!…なに?この人石器時代の人なの?」と思ったものだ。 しかし、平成…

どういう神経

二月二十七日黄色い水仙のアップリケはきれいだな と書いてある手紙を読んで 何を言いたいのか分からないと言うのは どういう神経か分からない 谷川俊太郎 「詩めくり」 やっぱり谷川俊太郎は天才だな。 私もこれくらい堂々と言いたいものだ。 「ジップロッ…

目の黒いうちは

この前、同僚のタカハシさんが営業からの電話で「ちょっと待てよ!」と言われたらしく、「キムタクかよ!」と職場で盛り上がった。 どんな映画やドラマを見ていても、誰が言っても、「待てよ」と言われればキムタクを思い出してしまう。 別に意識高いアピー…

ウィーンはいつもウィーン

小学校高学年になると音楽の授業は音楽室に集められて、月に1度はレコードでクラシックを聴く音楽鑑賞があった。ドキドキしながら音楽室に行って、最初の音楽鑑賞はヨハン・シュランメルの「ウィーンはいつもウィーン」だったと思う。 変なタイトル、という…

息を呑む日々

昔、劇団で働いていた頃、千穐楽間近の公演のチケットを予約したお客様にこう聞かれた。 「当日はビデオ撮影してもいいですか?」 いやいや、ダメです。ダメ!何言っちゃってるのかしら、とお断りしたらお客様はちょっとお怒りで言った。 「もうすぐ千穐楽で…

Sea and Sky

前述の通り、猫が来てからひきこもりなので、テレビばかり見ている。 もうNHKの虜だ。あとAmazon Prime。 正月休みもどうせ家から出やしないだろうと、FireTV stickも買った。Fire TV Stick出版社/メーカー: Amazon発売日: 2017/04/06メディア: エレクトロニ…

飼い猫が鳴くので

猫を引き取ることに決めたのは9月の終わり。 10月の頭にはシンガポールに行ってきた。 やっぱ暑い国はいいな。いろんな文化が混ざり合ってるのもいい。イスラム寺院やヒンズー教寺院、仏教寺院が混在している。また絶対来ようと心に誓ったが、その「また」は…

可愛いだけじゃダメかしら

あれは9月の3連休。友人から子猫団子の写真が送られてきた。 友人は行きつけの動物病院で保護されていた、生まれたての子猫4匹を引き取ることにしたらしい。 オス2匹、メス2匹。 毎日猫の話を聞くうちに、どうしたことでしょう。オス猫2匹を私が引き取ること…

扉の向こう側

昨今では宅配便を装った殺人事件などが起こる物騒な世の中なので、簡単にドアを開けてはいけないなんてよく言われるんだけど、ドアチャイムが鳴るとついうっかりインターホンも使わずにハイハイとドアを開けてしまう。ビールなんか飲んで上機嫌なら尚更だ。 …

曲がり角ごとの驚き・25~苦難に耐えて~

以前、別ブログでこんな記事を書いたけれど、人間ジブリが出たら本当に危険な状態だと思う。 よしながふみ「1限目はやる気の民法」より、司法試験に失敗して精神を病んでしまった先輩の台詞。何度見てもゾッとする。やばい。 前のブラックな職場で徹夜明けの…

蟹座の女の子

…って~どこか少し大胆~♪ 私が大学生の頃が広末の全盛期で、広末大ファンの男子に「ヒロスエじゃない!!ヒロスエさん、と呼べ!!」と怒られたので、未だに脳内でヒロスエさん、って思ってる。休日の渋谷に行かなければ行けない時は頭の中で「渋谷はちょっ…

何もかも皆懐かしい

地球か…。何もかも皆懐かしい…。 by沖田艦長*相撲友達のつるちゃんは「日頃から相撲が好きだって公言してるとさ、誰かが余ってるチケット回してくれたり、『相撲と言えばこの人』って感じで声をかけてくれるんだよね。ありがたいよね。やっぱ言っとくもんだ…

想像力より高く飛ぶ鳥

どんな鳥だって想像力より高く飛ぶことはできないだろう 寺山修司 ロング・グッドバイ 寺山修司詩歌選 (講談社文芸文庫)作者: 寺山修司,齋藤愼爾出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/03/04メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (5件)…

曲がり角ごとの驚き・24 逢いたくなった時に君はここにいない

あれは4才くらいだったかしら。風邪をひいて母と小児科に行ったら、小児科の入り口でペロペロキャンディーを舐めながら靴を履いている女の子がいて、私はそのキャンディーに釘付けだった。 帰ってから母に「何か食べたいものがあるか」と聞かれて「ペロペロ…

ONCE IN A LIFETIME

今はもうずいぶん安い値段で眼鏡を購入できるお店がたくさんあるけれど、ちょっと前までは全然そんなことなくて、眼鏡やらコンタクトなんて買おうと思ったら5万は覚悟しなければならなかった。 眼鏡男子、ていうか眼鏡力士ぬすくぐ。錦木 近所に「ものっす…

Memento Mori

ある日、友人から相次いで連絡が来た。前の会社の営業さんが急に亡くなった、死因は不明だと言うのだ。 「Sさん、結婚してたよね」「辞めてからはどこどこで働いてたらしいよ」「山に登るみたいだから、山で何か事故があったのかしら」 そんな事をひとしきり…

なんでカンガルー

昔飲み屋で、ジャズとブリティッシュロックと村上春樹が好きな意識高い系、自称ピアニスト(無職)のヤマちゃんと「村上春樹の作品って唐突に動物出てくるよね、カンガルーとか」なんて話をしていたら、ヤマちゃんが「カンガルーのこと歌ってるバンドとか結…

仁義なき戦い

友人ヤマダは学生時代明治大学に通っていて、時折講義の途中にヘルメットを被った学生運動の人が教室にやってきてあれこれ主張を叫び出すのだと言っていた。 もう20年近く前だが、その当時でさえ「え!!学生運動の人ってまだいるの?」と驚いた。ヤマダはし…

曲がり角ごとの驚き・23 岸辺のアルバム

毎日寒くて縮こまっているけれど、駅の旅行ポスターによれば、もうちょっとしたら河津桜が咲き始めるらしい。これはいつだったかの靖国神社の桜。 ここ数年春になると、毎年出社前に千鳥ヶ淵に桜を見に行く。うっとりと桜に見とれながら、それでいて、私は目…

人間的な、あまりに人間的な

年末に上海に行ってきた。 休みがあるからどこか行こう、飛行機に長時間乗るのは嫌だから近場にしよう、台湾は「パワースポットで恋力アップ!」みたいな女子が多そうだから避けよう…と思っていた矢先に江蘇省の観光サイトを見かけ 蘇州!蘇州夜曲!上海から…

冷徹と情熱の間

弟の娘はおそらくそろそろ3歳になるのだと思うが、生まれてから1度しか会ったことがない。 まだ座布団の上で寝るくらい小さかった頃だ。そっと足に触れて「ふにゃふにゃかと思いきや、赤子というのは割りとみっちりと肉がつまっているものなのだな」と驚いた…

曲がり角ごとの驚き・22 猫またぎ

子供の頃はよく猫を拾った。放っておけなくて、猫ごと家を追い出されたこともある。 父撮影 全盛期には家に猫が4匹いた。 父撮影 まだ目もあいていない、耳も寝たまま、手のひらに3匹いっぺんに載るような生まれたての子猫の面倒だって一生懸命見た。 父撮影…

バカみたいな事ばかり

「山に登る」と言えば、「登山て何が楽しいんですかね、わざわざ苦しい思いしてバカみたい」と言われることがよくあるし、ミュージカル関連の仕事をしていた時には「ミュージカルってダメだね。タモリさんも言ってたけど、突然歌い出す意味がわからない。バ…

悪魔が来たりて

あけましておめでとうございます。 不穏なタイトルですが健康的な話です。 さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。すると試みる者が来て言った。 マタイによる福…

クリスマス貝

年をとるとだんだんイベントごとに疎くなるのか、ハロウィンが盛り上がっていたのにも気づかなかったし、ボジョレーも知らぬ間に解禁となり、「今年のボジョレーは濃くて旨いよ」と言われ、買おうかなと思ったときには見当たらず。 おかげでクリスマスも「な…

曲がり角ごとの驚き・21 コクとは何か

12月頭に久々に山に行ってきた。久々なのでお気楽に行ける丹沢。 甲子園風に言うなら3年ぶり2度目のコース。地味にキツいの忘れてた。 でもまあ、今年は見れないかなあと思っていた紅葉も見れて。 全長17kmのコース、最後は若干へばりながら舗装路へ出てバ…